ワクシング作業メニュー

ワクシング作業メニュー

ワックスを使用したソールクリーニングのご紹介です。主に滑走後のメンテナンスに使用します。

 

何年もソールに蓄積された汚れはそう簡単には落ちません。こういう場合は潔くワックスリムーバーを使いましょう。

 

ソールに発生する白いケバ。除去の方法は?

 

ホットワックスの方法1、ベースワックスのかけ方をご紹介。

 

ホットワックスの方法2、滑走ワックスのかけ方です。滑走ワックスは高いので、ワックスの量を節約できる方法をご紹介します。

 

ワックスが冷えて固まったら(最低でも2時間は置きましょう)、スクレイパーを使ってワックスを剥がします。

 

ソールに残ったワックスを除去する、ブラシのご紹介。

 

最後にソールを磨きます。ピカピカに磨き上げ、ニヤニヤしましょう。

 

ワックスにも適切な温度があります。そんなにシビアになることもないですけどね…。

 

スノーボードの保管方法をご紹介。よく聞く「ソールの酸化」について、個人的な意見も少々…。

 

スノーボードのワックスは消耗品です。塗っては剥がしを繰り返して仕上げていくのですが、一回でどれぐらいの量を使用するのか、真面目に計ってみました。

 

今シーズンに向けてのベース作り、本日はワックスのスクレイピングです。

 

今シーズンに向けてのベース作り、本日はワックスのブラッシングを行います。

 

今からチューンナップに出していては週末に間に合わない…。本格的な道具が無くてもできることはあります。そんなチューンナップを考えてみます。

 

3月に入るとゲレンデの雪が融け始め水分が多くなります。スノーボードが走らなくなる季節ですね。少しでも滑走性を維持するためのワクシングをご紹介します。

ページトップ