サビキの色

サビキの色

定番のピンクや白など様々な色の種類があるサビキ。
正直、色はあまり関係が無いと思っていたのですが、それを根底から覆された…そんなお話です。

 

スポンサーリンク


アジスペシャルのウイリーサビキを作る

私はアジ釣り自作のウイリーサビキを使用しています。主に飲ませ釣りの餌確保用としてです。

この釣りは餌のアジが釣れないと話になりませんので、もっとアジが釣れる色のウイリーサビキを作ろうと考えました。

アジが好む色

WEBで調べてみると、アジは緑、青系が見えやすいようです。それを考慮し、青、紫、緑のウイリーサビキを作ってみました。

こんな感じです。白が混ざっているのは「ケイムラ」のウイリーを一本入れて巻いているからです。
釣れると評判のケイムラ、アジが見やすい色のアジスペシャルサビキの完成です。

アジスペシャル、散る

それはいつものように飲ませ釣りをしていた時でした。

朝の時合いにバタバタとアジが釣れ、その後が釣れなくなるパターンが多いのですが、この日もそうでした。

仕掛けを入れてしまえば基本的に暇な飲ませ釣り、アタリを待っている間にサビキをしますが釣れません。
そして、もう帰ろうかと思っていた11時頃、隣に一人のご老人が現れ、サビキ釣りを始めました。

「さすがにこの時間からは厳しいんじゃ…」

と思った瞬間、ご老人の竿が曲がる!

まぐれかと思いましたが違いました。その後も淡々とご老人はアジを釣り続けます。

「そんなバカな…アジスペシャルでも釣れないのに!」

そこで、私と何が違うのか観察します。私は基本的にアジは「底」を狙いますが、ご老人は仕掛けを投入して竿を2あおりする程度の深さを釣っているようです。

同じような棚を釣ってみますが私には釣れない。何故だ?何か特殊なことをしているようには見えないが…。

ご老人はピンク色のサビキを使っていました。まさか色?半信半疑でピンクのウイリーサビキに変更すると、

釣れる!

今まで釣れなかったのが嘘のように釣れました。水深が浅くても深くても釣れます。

思いこみは危険

いやー、参りました。色でこんなに差が出るとは…。これからはカラーローテーションを意識せざるを得ませんね。

まさに目から鱗、いい経験をさせてもらった一日でした。

 

スポンサーリンク



ページトップ