youtube用縦動画の作成(PowerDirector 16使用)

youtube用縦動画の作成(PowerDirector 16使用)

最近流行りの縦動画。撮ろうとした物が縦のほうが見やすいので挑戦してみました。

縦横比だけの問題なので簡単にできると思っていたのですが…。

 

スポンサーリンク

無料ではできない?

今までは動画の編集に「ウインドウズムービーめメーカー」を使っていました。マイクロソフトが提供している無料の動画編集ソフトです。

通常の横動画ならこれで問題なかった(手間はかかりますが)んですが、縦でファイル出力できません。これは困ったことになりました。

解決策を検索

さて、例によってwebで解決策を検索です。「フリーでなんとかなるだろう」と思っていたけど甘かった。

どうやらフリーソフトでは難しいらしい…。(私の調べ方が悪いのかも知れませんが…。)

さて、縦出力が可能で、定番の動画編編集ソフトを調べると、

コーレルのVideoStudio

CyberLinkのPowerDirector

の2つに絞られるようです。

VideoStudioを試してみる

まずはVideoStudioの体験版をダウンロードして試してみました。

が、動画は取り込めましたがプレビューを再生するとカクカクして使い物にならない…。

PCのスペックは問題ないはずなのですが、こちらは諦めることにしました。
価格も安くて魅力的だったんですが…。

PowerDirectorを試してみる

こちらも体験版があるので早速ダウンロードして使ってみます。

PowerDirectorはプレビューもスムーズに再生され、使用感も問題なし。

試用版なので動画を出力すると「透かし」が入るようですが、縦動画用の1080×1920にサイズを設定し、開始ボタンを押すと…

現在お使いのバージョンではこの動画は出力できません

的な文言が出て購入リンクのポップアップが出ます。

どうやら、体験版は「スタンダード」のバージョンで動作しているようです。CyberLinkのサイトを確認してみると、動画ファイル (書き出し)2K/4K解像度(※Standard 版は非対応)とありました。

スタンダード版は5、6千円ぐらいと安価なのですが、4Kはまだいいとしても今時2K(1920×1080px、いわゆるフルHD)が出力できないようでは使い物になりません。

ようするに、Ultra以上のバージョンを買えってことね。よーし、買ってやろうじゃないの!

勢いにまかせてPowerDirector16を買う

PowerDirector16

買っちゃった…。起動すると最初に編集する動画の縦横比を選べます。縦動画用の9:16もしっかりと用意されています。(もちろん、編集中でも後から変更できます。)

PowerDirector出力

動画を読み込み、用意されている出力プリセットから好きな解像度を選んで「開始」ボタンを押せばファイルが出力されます。

 

出来上がった動画を確認してみる

さて、無事に出力されたので確認してみるか…と出来上がったファイルをダブルクリックすると、ウィンドウズメディアプレーヤ―が足り上がり…アレ?横で再生されてる?

もしかして失敗?

ファイルのプロパティから詳細を見てみると、フレーム幅1920、フレーム高1080となっている。

うーん、意味が分からない。何度やっても(ファイルを出力し直しても)結果は同じ。プリセットは選ぶだけなのでこれ以上できることも無いし。

でも心配は無用でした。youtubeにアップロードしてみたら、縦動画+全画面でスマホでしっかり再生できました。

作成した動画のチェックはプレーヤーを使わず、ファイルをそのままクロームのブラウザで開くと縦で再生されます。

値段は高いですが、PowerDirector16はおススメです。やはりフリーソフトとは使い易さが違いますね。これなら苦手な動画の編集作業が捗りそうです。

ランニングコストもかからない買い切りのソフト、皆さんも1本いかがですか?

アマゾン広告

サイバーリンク PowerDirector 16 Ultra 通常版

新品価格
¥13,345から
(2017/10/16 22:49時点)

スポンサーリンク



ページトップ