DraftSightで六角形を書く-ポリゴン(Polygon)コマンド

DraftSightで六角形を書く-ポリゴン(Polygon)コマンド

DraftSightで六角形などを書くポリゴン(Polygon)コマンドのご紹介です。

 

スポンサーリンク


対辺20㎜の六角形を書く

ポリゴン1

ポリゴンコマンドは辺が3以上の多角形を書くコマンドですが、ここでは上のような対辺20㎜の六角形を書いてみます。

ポリゴン(Polygon)コマンドをクリック

ポリゴン2

リボンの左上、ポリゴンコマンドをクリックします。


ポリゴン3
コマンドウィンドウに「辺の数を指定」と出るので6を入力してエンターキーを押します。


ポリゴン4
「中心点を指定」と出るので画面上の任意の点を左クリックします。


ポリゴン5

「距離オプションを指定」となりますので、コーナー(CO)か辺(S)を選び入力する必要があります。

コーナー(CO)について

ポリゴン7

コーナー(CO)は円の内側に>コーナー(ポリゴンの角)が接するようにポリゴンが作られるオプションです。

辺(S)について

ポリゴン6

辺(S)は辺が円に接する形でポリゴンが作られるオプションとなります。今回は対辺が20㎜の六角形を書きますのでこのオプションを選びます。

「距離オプションを指定」の所にSを入力しエンターキーを押します。

(※コーナーを選ぶ場合はcoと入力しエンターキーを押します。)


ポリゴン8

「距離を指定」と出ますので、目的の対辺の半分の値(今回の場合は10)を入力してエンターキーを押すと、対辺20㎜の六角形が作成されます。

スポンサーリンク


DraftSightトップ ページトップ