初めて脳のMRI、MRA検査を経験

初めて脳のMRI、MRA検査を経験

先日、人生初のMRI、MRA検査を経験しました。

「寝てるだけ」の楽な検査だと思っていたのですが、大間違いです。

これから検査を受ける方の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク


検査はとても慌ただしかった

全ての病院ががそうだとは言えませんが、私が検査を受けた当日は、とても慌ただしいものでした。

検査が押していたんでしょうか。先生達に全く余裕が無い感じだったんですね。

先に受けている人の検査をが終わる5分ほど前に控え室のような所へ呼ばれ、自分の出番?を待ちます。

MRI室に入る

部屋に入ると巨大なトンネルとご対面です。
CTより一回りはデカイでしょうか。

ベッドに横になるのですが、私は脳の検査なので頭、首の周りに硬めのクッションをギュウギュウに詰められます。

「検査は30分ほどかかります。少しでも動くと撮り直しになるので絶対に動かないで!」と言われ、体もベルトで(軽くですが)固定されました。

「モニターはしていますが、検査に耐えられないと思ったらこのボタンを押してください」と、ナースコールのようなスイッチを渡されます。

そして顔の前にプラスチックのカバーを被せられ、検査が始まります。

ここでこれからMRI、MRA検査を受ける方にアドバイスです。特に狭い所が苦手な方へ。ベッドに横になったら何があっても

絶対に目を開けない

ことをお勧めします。

顔の前にカバーを乗せられるだけでもかなりの圧迫感なのですが、検査が始まりトンネルの中に入ると本当に物凄い狭さを感じます。

私は閉所恐怖症ではないのですが、「この状態で身動きが許されず30分…」と思うとかなりの緊張に襲われました。検査の開始からしばらくは心臓がバクバクしましたので。

しかも中途半端に明るいんです、このトンネルの中。アイマスクとかさせてくれたらいいのに…。

検査の開始-終了まで

MRIは音がウルサイ

と聞いてはいましたが、大したことないだろうと舐めていました。CTよりちょっとウルサイぐらいだろうと。

ところが、これが

とんでもなくウルサイ

代物でした。

ガンガンガンガンガン…

ブーン、ブーン、ブーン…

ピー、ピー、ピー…

などなど、色んな音が定期的に襲ってきます。1種類の音が数分続き終わると静かになるのですが、次の音がいきなり始まるのでビックリしますよ、ホントに。

「動くな」って言われましたが、驚いて動きそうになります。

検査中なので時間の流れもわからず、「早く終わってくれ…」と思いながら耐えること数十分、

「ピコーンピコーンピコーン」

とまたしてもけたたましい、冗談?のような音が。

これも検査の音?もしかして終わり?と思っていたら検査室のドアが開く音が聞こえ、ようやく終了となりました。

めちゃくちゃ疲れました…。

最後に

初めてのMRI検査、今思えばいい経験になりました。本音は2度とやりたくないです。

ホントにアイマスクと耳栓させてくれたらいいのに…。

これから検査を受ける方は事前に病院に相談してみてはいかがでしょうか。

アイマスクと耳栓がOKなら、かなり楽になると思いますので。

 

スポンサーリンク


ページトップ