エクストラコールドタンブラーは冷えるのか? 温度実測!

エクストラコールドタンブラー

アサヒスーパードライ から、シールを48枚集めると必ずもらえるタンブラーがあります。その名も「エクストラコールドタンブラー」。せっせとシールを貯めていただきましたよ。さてホントに冷えるのか、実験です!

広告

サーモス 真空断熱タンブラー 420ml ステンレス JDE-420

新品価格
¥1,411から
(2017/10/8 17:23時点)

エクストラコールドタンブラーの準備

最初に、説明書を読んでみます。
エクストラコールドタンブラー説明書

「タンブラーを家庭用冷凍庫で20時間以上冷やしてください。スーパードライを冷蔵庫で冷やしてください。」

と書いてあります。20時間とはなかなかですが、よく冷える保冷材などでもこのぐらい凍らせろと書いてあるので、そんなもんでしょう。

tumbler9

このタンブラーは3層構造となっており、中に冷却ジェルが封入されています。このジェルを完全に凍らせてくれ、ということですね。

実験開始

タンブラーを20時間以上冷却して、準備は整いました。

まず、実験日の状況を記載しておきます。

・室温:25度
・冷蔵庫温度:3℃(実測値、設定温度-中)
・ビールは冷蔵庫の扉棚最上段にて冷やしていた。

最初に、通常のグラスで温度を測定してみます。グラスにビールを注ぎ、温度を測定してみると…

tumbler3

13.8℃!

結構高い…。これは以外でした。ここで実験は大きくつまずくことになります。なぜなら説明書に「冷蔵庫で冷やしたスーパードライ(4℃~6℃)を注ぐと約60秒~90秒で氷点下のスーパードライをお楽しみいただけます。」と書いてあるからです。

推奨温度より8℃も高い…。しかしビールの封はもう切られてしまいました。今さら後戻りはできません。(ホントはできますが。)1本目のビールを飲み干し、いよいよ次の段階へ!

エクストラコールドタンブラーにビールを注ぐ

冷凍庫からタンブラーを取りだし、ビールを注いでみます。公平な実験のため、冷蔵庫から出したばかりのビールを注ぎます。決して私が飲みたい訳ではありませんよ…。

tumbler4

1.注入直後、12.5℃

tumbler5

2.どんどん温度は下がっていきます。8.5℃

tumbler6

3.説明書に記載されている90秒が経過したところで3.7℃。さすがに注いだビールの温度が高いのでこの時点で氷点下にはならず、温度の低下も鈍りました。「ここまでか?」と思いましたが、ゆっくりですが温度はまだ下がりそうです。どこまで下がるか待ってみることにしました。

tumbler7

4.約6分、ついに0.6℃まで下がりました。注いだビール温度が高かったため、ここが限界のようです。

祝杯

ビールを目の前にして6分は長かったですが、0.6℃のスーパードライを頂いてみました。明らかに通常温度のビールとは違います。喉に「キンキン」きますね!なかなかやりますよ、このタンブラー。

2杯目はどうなのか?

このタンブラー、見た目は普通ですが厚みがあるので容量はそんなにありません。350mlで2回注げるぐらいです。さて2回目を注いでみると温度はどうなるのでしょうか。

tumbler8

5.7℃

実験中に、常温にさらされていたビールを注いだにしてはまあまあの数値ではないでしょうか。この温度でも結構いけます!

まとめ

「どうせそんなに冷えないだろ…」と思っていましたが、予想に反して額面通りの性能、と言っていいと思います。説明書にあるように、4℃~6℃のビールを注げば氷点下も夢ではないでしょう。また、記事を書きながらこのタンブラーでビールを飲んでいますが、保冷性能が非常に高いですね。いつまでもいい感じの温度でビールが飲めます。30分ぐらいはいけるんではないでしょうか?

さて、また次に冷えたビールを飲むためにタンブラーを洗って冷凍しておきましょう。2、3個欲しいなぁ、コレ。

広告

サーモス 真空断熱タンブラー 420ml ステンレス JDE-420

新品価格
¥1,411から
(2017/10/8 17:23時点)

メニュートップ  ページトップ

Pocket