ワックスの種類

ワックスの選び方

スノーボード用ワックスには「温度帯」により数種類が存在します。問題はどれを選定するかですが、ガリウムを例にご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ワックスの選定-ベースワックス

ガリウムでは温度域別に4種類のワックスがあります。

【ガリウム エクストラベースワックスピンク】
温度域:0℃←→+10℃

アマゾン広告

GALLIUM(ガリウム) EXTRA BASE PINK SW2076

新品価格
¥368から
(2016/10/1 09:57時点)

ガリウムでのワックス温度表示は左側が「雪の温度」、右側が気温となっています。ピンクの場合、雪温は0℃、気温が+10℃の場合に最適、ということですね。かなり暖かいコンディション、春用のワックスとなりますが、私は春にこのワックスを単体で使用することはありません。春は本当に水分が多いので、ベースワックスの後にフッ素入りのトップワックスを使用します。私は主にシーズン前のベース作り用に使用しています。

メーカーページには「水分の多い雪質、シーズン前のベースワックスとして使用。クリーニングにも使用できます。」とありますが、勿体ないので[クリーニング]には専用のクリーニングワックスを使いましょう。

【ガリウム エクストラベースワックスバイオレット】
温度域:-4℃←→+3℃

アマゾン広告

GALLIUM(ガリウム) EXTRA BASE VIOLET SW2075

新品価格
¥720から
(2016/10/1 09:58時点)


雪温が-4℃、気温が+3℃表示のワックスです。中温用?と呼べばいいでしょうか。メーカーページには「全雪質、シーズン前のベースワックスとして使用。」とあります。

【ガリウム エクストラベースワックスブルー】
温度域:-12℃←→-3℃
アマゾン広告

GALLIUM(ガリウム) EXTRA BASE BLUE SW2074

新品価格
¥730から
(2016/10/1 09:58時点)


雪温が-12℃、気温が-3℃表示のワックスです。ワックスとしては低温用です。メーカーページには「全雪質、シーズン前のベースワックスとして使用。」とあります。

【ガリウム エクストラベースワックスグリーン】
温度域:-20℃←→-10℃

GALLIUM(ガリウム) EXTRA BASE GREEN SW2073

新品価格
¥730から
(2016/10/1 09:59時点)


雪温が-20℃、気温が-10℃表示のワックスです。超低温用のワックスですね。メーカーページには「低温時の新雪、乾雪、滑走面のケバ取りやベースワックスとして使用」とあります。ケバ取りに使用とあるのは、このワックスはものすごく硬く、まるでプラスチックのような硬さなのでスクレイピングするとソールの細かいケバごと剥がれるからです。ホントに、バリバリとすごい音で剥がれます。私的には本当にワックスとしての効果があるのか正直、疑問です。

エッジ付近に硬いワックスを塗るとソールの保護になる?

スノーボードの滑走中は基本的にエッジ付近を酷使します。連続してターンし降りてくれば、ほぼ両サイドのエッジ付近だけで滑走することになるからです。滑走後にソールを見てみると、エッジ付近だけが白っぽくなっているのを見たことがないでしょうか?これをベースバーンと呼びます。雪面との摩擦に耐えきれず、ソールが毛羽立ってしまった状態です。

これを防ぐために、酷使されるエッジ付近の保護に極低温用のワックス(硬いワックス)を塗って保護する、という方法があります。私は信州エリアがメインなのでガリウムのグリーンは必要ないのですが、このエッジ保護用に購入し、エッジ付近だけに何度か塗布してみましたが目立った効果はありませんでした。グリーン塗っても、白っぽくなる時はなります。しかし、クリーニングワックス、ベースワックスを施工しブラッシングすれば白っぽさは消えますので酷いベースバーンは起こっていない、と私は考えています。

実際のワックスチョイスは?

私がよく行くゲレンデは信州エリアがメインです。信州エリアを例にすると、

【シーズン前のベース作り】

ピンク×3回
バイオレット×3回
ブルー×3回

これでベース作りはよしとします。

【シーズン初期】

ベースワックス:バイオレット
トップワックス:バイオレット(SSF49)

【1月~2月】

ベースワックス:ブルー
トップワックス:バイオレット(SSF49)

※トップワックスをバイオレットとしているのは、私がよく行くゲレンデで実際に雪温を測ってみると、-4℃付近のことが多いからです。

【3月~シーズン終わり】

ベースワックス:バイオレット+ピンク
トップワックス:ピンク(SSF69)

こんな感じでワックスを選んでいます。トップワックスは3月以外はやる気がある時に塗っています。3月の信州エリアは朝はガチガチ、昼には緩んで相当水気が出てくるので、必ずトップワックスは塗っていくようにしています。

スポンサーリンク


メニュートップ  ページトップ

Pocket