FreeCAD 始めました。

Freecad

FreeCADとは?

FreeCADとは、無料で利用できる3DのCADソフトです。作業工程を記録し、後で編集できる「パラメトリックモデラー」というタイプです。

昔は高価な3DCADでしか使えない機能でしたが、これが無料とはすごい時代になりました。オープンソースで開発されており、追加のアドオンを利用することで機能の拡張もできそうです。

また様々なプラットフォーム(ウィンドウズやマックなど)に対応し、入出力できるファイル形式も多岐に渡ります。
(STEP、IGES、STL、SVG、DXF、OBJ、IFC、DAEなど)

自分なりに使い方を勉強しながら更新していければなと思います。

メニュー

FreeCADを始めるにあたり、まずはソフトのダウンロードとインストールが必要です。ファイルの入手場所、導入手順のご紹介です。

FreeCADのインストールが完了したら起動し、次は初期設定です。設定箇所は多くないですが、少しでもFreeCADが快適に使えるように設定しておきましょう。

3Dモデルの作成には「スケッチ」を書く必要があります。ダイレクトに3D形状を選択し作成する方法もありますが、実戦ではほぼ使えません。基本は2次元の形状を書き、その形状を元に3Dモデルを作成します。

いよいよ3Dモデルの作成です。ここでは「押し出し」による作成方法と画面操作をご紹介します。

FreeCADのようなパラメトリックモデラーのCADには拘束という概念があります。ここでは水平・垂直拘束を使用したスケッチの書き方をご紹介します。

ここでは一致・対象・寸法を使用したスケッチの書き方をご紹介します。

3D-CADの3Dモデル作成方法には2通りあります。一つは押し出し、もう一つは回転です。ここではスケッチを回転させて3Dモデルを作成する方法をご紹介します。

今まではスケッチを押し出して平面状の、回転させて円錐の3Dモデルを作成してきました。今回は上画像のような平面に穴の開いたモデルを作成してみます。

FreeCADで平面に穴を開ける方法は2つあります。今回は「ポケットコマンド」を使用して平面に穴を開けてみます。

今回はパイプ形状の側面に穴が開いた形状を作成してみます。今までの平面に穴を開ける作業よりちょっと一手間必要です

3Dモデルの角を丸めたり、面を取る方法のご紹介です。角の丸めはフィレットとも呼ばれますね。

今回は直線的な中空形状(パイプ)ではなく、上画像のような湾曲したパイプ形状のモデルを作成してみます。このようなモデルの作成にはスケッチに沿って押し出しをする「スイープ」コマンドを使用します。

今回はスイープしたモデルに厚みを与えて湾曲したパイプ形状のモデルを作成してみます。これには「厚み適用ユーティリティ」というコマンドを使用します。


広告


メニュートップ  ページトップ

Pocket