FreeCAD-基礎編

3Dモデルの作成には「スケッチ」を書く必要があります。ダイレクトに3D形状を選択し作成する方法もありますが、実戦ではほぼ使えません。基本は2次元の形状を書き、その形状を元に3Dモデルを作成します。

いよいよ3Dモデルの作成です。ここでは「押し出し」による作成方法と画面操作をご紹介します。

FreeCADのようなパラメトリックモデラーのCADには拘束という概念があります。ここでは水平・垂直拘束を使用したスケッチの書き方をご紹介します。

ここでは一致・対象・寸法を使用したスケッチの書き方をご紹介します。

アマゾン広告

FreeCADトップ ページトップ

メニュートップ

Pocket