雪山

車でスキー場へ行く際の用意

車でゲレンデに行くのは行動範囲や時間が自由なのでとてもいいものです。気心の知れた仲間、恋人、家族だけで気遣いなく行けますからね。ただし、それなりの準備と覚悟?も必要です。必要な道具、注意点などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1.もはや必須「スタッドレスタイヤ」

スタッドレスタイヤ

車でゲレンデに向かう際に一番問題となるのが「タイヤ」です。降雪地域にお住まいの方は冬に履き替えるのが当たり前だと思いますが、私は関西在住ですので普段の生活には全く必要のないものです。(ごく稀に大雪で大混乱!なんてこともありますが…。5年に1回あるかないかです。)

よく聞かれるのが、「スタッドレス無しで行けるゲレンデって無いの?」という質問なのですが、「時期と場所とタイミングさえ間違えなければ行けないこともないけど…。」というほかありません。チェーンだけでも行けないことはありませんが、雪道経験がほとんど無い人がチェーンだけで行くのは無謀です。

これができるのは、よほどゲレンデへの道中を熟知している、天気をある程度予想できるかなりの経験者のみです。本当に危険&大変なので、チェーンだけで行くのはやめましょう。

チェーンのみのメリット

メリットはもちろん「安い」(スタッドレスの購入に比べれれば)ということになりますが、利点はホントにそれだけです。

チェーンのみのデメリット

高速道路での降雪

ゲレンデへ向かう途中の高速で雪が降ることはよくあります。、近畿エリアでの高速で雪が原因の通行止めというのは滅多にありませんが、ゲレンデに近づくにつれて雪が降り出し、高速道路上が真っ白!ということは珍しくありません。もし、ここでチェーンしかなかったら…途中でチェーンを巻くことになりますが、チェーンを巻いてしまうとスピードが出せません。高価なチェーンでもMAXでも50kmぐらいだと思います。これ以上出すとチェーンが切れたり、破損します。

「雪道なんだから、そんなにスピード出せないんじゃないの?」と思う方もいるかも知れませんね。私も最初はそう思っていました。しかし、「雪道でもかなりの速度で皆走っている」というのが現実です。具体的な速度は書けませんが、流れに乗れないという危険もあるということです。

私も本当はゆっくり走りたいのですが、日本海側の高速なんて途中片側1車線になったりするので、雪に慣れているのか無謀なのかわからない後続車に思い切り煽られて恐怖を感じることすらあります。(私もスタッドレスで、それなりの速度で走っている状態です。)片側1車線の高速なので、簡単に譲れもせず本当に怖いです。

チェーンを着けるタイミングが問題

運よく?高速で雪に合わなかったとして、次に問題となるのが「いつチェーンを取り付けるか?」です。一番困るのが、積雪がある場所と無い場所があるときですね。こればかりは走ってみないとわからないので、最悪は何度もチェーンの脱着をする、又は途中で積雪が無くなってもチェーンを巻いたまま走行することになります。しかし、積雪の無い道をチェーンで走ると破損する可能性が高まります。

私も昔、一度だけですがチェーンのみで行くという無謀なことをして、酷い目に合いました。途中で積雪無しの区間が数か所あり、チェーンを外すか、そのまま行くか悩みながら走行することになりました。

しかしいつまた積雪があるかわかるはずもなく、外すのも怖い&めんどくさいのでチェーンを付けたままノロノロ走行…。チェーンでアスファルトの路面を走るとゴトゴト、ザーザーとうるさく、スタッドレスを履いている他車にどんどん追い抜かれるわ、チェーンがいつ切れるかとドキドキしながら、とても怖い思いをしました。「帰ったたスタッドレスを買いに行こう…。」そう思ったのは言うまでもありません。

2.チェーン

スタッドレスタイヤがあるから雪道は完璧!というわけではありません。必ず、チェーンも携行するようにしましょう。

ゲレンデは山にありますので、最後は必ず急坂の峠道になります。坂道で凍結していたり、踏み固められて凍結寸前の雪はスタッドレスを履いていても滑ります。4WDならなんなく登れる場面でも、2WDですと全く登れないということがあるからです。ゲレンデを目前にして登れないというほど惨めなものはありませんので、保険として持っておいたほうが絶対にいいです。

3.雪降ろしの道具

車に積もった雪を降ろす際に必要です。朝から雪が降っている天候ですと、帰る頃には車が見えない!というのは大袈裟かも知れませんが、腰ぐらいの高さまで積ることはあります。泊まりなら、宿にはほとんどの場合雪降ろしの道具は常備されているので借りればいいですが、日帰りの駐車場ですとまずありません。手で降ろすのは大変なので、携行しておいたほうが無難です。

アマゾン広告

スノーカッター シングル 95496 マルテー東北石橋

新品価格
¥494から
(2016/10/1 10:13時点)


軽く積もった雪を降ろすならこのタイプでも十分です。薄いのでかさばらず携行も楽ですね。ただし、がっつり積もった重い雪を降ろすのには向きません。

キャプテンスタッグ スノーブラシ STD M-9264

新品価格
¥220から
(2016/10/1 10:14時点)


重い雪を降ろすなら、このタイプがいいです。ザクザク降ろせます。1本だけ持つならこのタイプでしょうか。ただし、かさばるので邪魔になるのが欠点ですね。

スポンサーリンク


メニュートップ  ページトップ

Pocket