道具の準備(身の周り編)

スノーボードはシンプルな道具を使った遊びですが、必要な物は以外に多いです。十分な余裕を持って、事前に準備しておきましょう。

スポンサーリンク

帽子(ニット帽)

ボーダーの必須アイテムですね。これがないと頭はもちろんですが耳が寒いです。また、転倒や接触で他人のボードが頭をかすめる…なんてことも無いとは言い切れませんので必ず用意し、かぶるようにしてください。たまに帽子無しで滑っている人をみかけますが、雪が降ると悲惨なのでやめておきましょう。

女子の方は、できるだけ髪は帽子の中に入れるようにしたほうがよいです。出しているほうが女子力がアップして男目線からはとてもいいのですが、転倒したり、降雪があると髪に雪が付いて凍り、めちゃくちゃ寒くなります。

ゴーグル

滑る際に「視界」はとでも重要です。少しでも降雪があると滑走中は目を開けてられないので必ずゴーグルを用意しておいてください。

天気がよければゴーグルはいらない?

いつもゲレンデは快晴とは限りません。たとえ朝の天気がよくても、天候が急変し吹雪や最悪は雨!なんてこともあります。

お勧めのゴーグルは?

ゴーグルも値段はピンからキリまであります。高い物が良い物、とは限りませんが、必ず「ダブルレンズ」の物を買いましょう。ダブルレンズとは、ゴーグルのレンズ部分が2重になっていて、内部の曇りや結露の防止効果がある物です。シングルレンズは全く使い物にならないので避けてください。
(ダブルレンズでも曇るときはありますが…。)

また、レンズには色が付いています。オレンジ、ピンク、スモークなどです。オレンジは晴天時はいいですが色の濃い物が多く、曇りや降雪時などでかなり暗く感じる場合があります。個人的にはピンクが晴天からローライトまで万能かな、と思います。

グローブ

手を保護するために必ず必要です。あまり薄い物は避け、暖かそうな物を選んでください。高価な物でも2シーズン使えば水が染みてきたりするので、安い物を買い換えていくのもいいと思います。

プロテクター類

スノーボードはは転びます。これは避けられません。転ぶとお尻や膝を強打することがありますので、プロテクターは必須です。特にガチガチのアイスバーンなどで転ぶと…とても痛いです。このパッド類は一度買ってしまえば買い換える物でもないので、しっかりした物を購入することをお勧めします。

靴下

できればスキー、スノーボード用として売られている物を買いましょう。最低でも予備にもう1足用意しておいてください。天候やブーツにもよりますが、水が染みて濡れることがあります。濡れると気持ち悪いですし、冷たくて我慢できる物ではありませんので。

肌着、フリース

防寒の基本は、

1.肌着、2.インナー、3.アウターの3種で完了させるのが基本です。

肌着はユニクロの「ヒートテック」的な物を上下用意しましょう。次にインナーですが、厚手のフリースが最適です。これもユニクロで揃いますね。肌着とインナーの目的は「保温」です。最後にアウターですがこれはウェアの役割です。

ウェア

ウェアはレンタルできる場合もありますが、事前に確認しておいたほうがよいです。ただ、レンタルは残念なデザイン(古い)物が多いです。今はウェアも安くなりましたので好みのデザインウェアを買ってしまったほうがいいかもしれません。そのほうがテンションも上がりますしね。

ただし、ネットで買う場合はレビューなどをよく見てから買うようにしてください。ネットで売っている安いウェアはデザインは良い物が多いのですが、「薄くで寒い」というレビューをよく見ます。春はいいですがハイシーズンは寒くで耐えられないと思います。

できれば、シーズン終盤にお店でセール品を狙いましょう。その時はプロテクター類も持ちこみで試着してください。プロテクターは結構分厚いので、これを考慮したサイズ選びが必要です。

パスケース

意外に忘れがちなのが「パスケース」です。パスケースとは、リフト券を入れるケースですね。リフトに乗る前に、係員の方リフト券を見せる必要があります。腕に通す物、ウェアにぶら下げる物など様々です。いざ滑り出す前に「あ、忘れた…」ということはよくありますので、お好みの物を事前に用意しておいてください。


広告


スポンサーリンク


メニュートップ  ページトップ

Pocket