ホットワックスのスクレイピング(2016年版)

今年も11月末となり、いよいよ寒くなってきましたね。今年はかなり寒くなると言うのは本当のようです。今シーズンに向けてのベース作り、本日はワックスのスクレイピングです。

スポンサーリンク

【下準備】スクレーパーをよく研いでおく

ホットワックスのスクレイピングで一番大切なことは、スクレーパーをよく研いでおくことです。切れの悪いスクレーパーではなかなかワックスが剥がせず、非常に疲れます。

スクレイパーの研ぎ方については、

 
 スクレイパーの研ぎ方

 
 スクレーパーシャープナー 電動化

をご参照ください。電動化はネタみたいですが、おススメです!

ワックスのスクレイピング-実践編

スクレーパーが研げたら、いよいよスクレイピング開始です。

動画:ホットワックスのスクレイピング(2016年版)

スクレイピングの手順

1.ノーズからテールへ向けて削る。

2.ワックスカスはこまめに掃除機で吸い取る。

3.ワックスは1回で削り取ろうとせず、スクレイパーを何度も動かして削る。

4.滑走面側にあまり力を入れないように。よく研げているスクレイパーならあまり力を入れなくてもシュルシュル削れていきます。

こんなところでしょうか。動画は約3分半ですが、編集しているので実際の作業時間は5~6分といったところです。正直地味な作業ですが、ここで手を抜くと次のブラッシングに影響します。しっかりとスクレイピングし、ワックスを除去しておくことが重要です。

アマゾン広告

HOLMENKOL〔ホルメンコール〕 RACING WAXING TOOLS(ツール・スクレイパー) プラスチックスクレイパー3mm 20630

新品価格
¥643から
(2016/11/27 14:40時点)

スポンサーリンク


メニュートップ  ページトップ

Pocket