アイロンの温度

ワックスアイロンの温度は何度が適切?

私がホットワクシングを始めた頃、一番困ったのがこれでした。
たいていの場合、「ワックスを溶かした時に、アイロンから煙が出ない程度に設定してください。」と書いてあります。

スポンサーリンク



冬に極寒の部屋で作業してれば100℃の設定でも煙みたいな物が見えたりするので、「これでも温度が高すぎるのか?」と焦ったものです。

それでは、何度に設定するか、まず自分のアイロンが設定通りの温度になるか確認が必要です。100℃に設定すれば100℃になるか、というとそうではありません。これは実際に温度を確認するのが一番です。私は150℃ぐらいまで計れる料理用の温度計をアイロンに固定し、計ってみました。アイロン2号機、3号機は結構バラつきがあったのを確認しています。10℃ぐらいは誤差があったように思います。


動画:ワックスアイロン温度実測

アイロンはサーモスタットで温度を調節していますので、設定110℃に達すれば一旦スイッチが切れ、温度は下降します。次にまたスイッチが入り温度が上昇しますので、110℃以上になる場合もあります。しかし、誤差は問題にはなりません。110℃に設定して最高115℃になるのであれば、105℃に設定します。ただし、ソールが溶けると言われている温度、130℃は絶対に超えないようにしましょう。これは鉄則です。

ワックスアイロンの温度、正解は?

では、ワックスによってどの程度に設定したらいのか、私の経験からお答えするとガリウム製ベースワックスの場合は、

ガリウム白:100℃
〃ピンク:100℃
〃紫  :110℃
〃青  :120℃

これぐらいで設定しています。

これは室温などによりかなり左右されます。極寒の日などはなかなか溶けない場合もありますが、焦ってアイロンの温度を一気に上げるのはやめましょう。最初は綺麗に溶けなくても、とりあえずアイロンを走らせてください。何度かアイロンを往復させるとソールが温まってきて、綺麗に溶けるようになります。

アマゾン広告

GALLIUM(ガリウム) スノーボード スキー ワックス用アイロン TU0153

新品価格
¥9,890から
(2016/10/1 08:41時点)

スポンサーリンク


次のページ

  ワクシングペーパー

メニュートップ  ページトップ

Pocket