ホットワックスの耐久性はどれぐらい?

SHOPにチューンナップに出したのに、3日でWAXが剥がれてしまった。剥がれた日はとても暖かく、ゲレンデのコンディションはシャーベット状。板は失速し全く走らずソールは黒く汚れていた。このような場合、スプレーワックスをかければ少しは改善するのか?という質問です。
この質問を、私なりに考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

【問題点】
1.チューンナップに出したのに3日でワックスが剥がれてしまった。
2.剥がれた日は板が走らずソールは黒く汚れていた。(気温が高くゲレンデコンディションは悪かった。)
3.応急処置でスプレーワックスをかければ改善するのか?
以上の3点となります。

1.「チューンナップに出したのに3日でワックスが剥がれてしまった。」について

まず、どのうようなチューンナップ内容なのかわからないのでなんとも言えませんが、あまり「チューンナップ」という言葉に期待しすぎないほうがいいかもしれませんね。

ほとんどの場合、チューンナップに含まれるホットワックスの回数は1回だけだと思いますので…。仮に2~3回、サーモワクシングなどでも3日も持ったならいいほうなんではないでしょうか。やはり、快適な滑走性の維持には定期的なメンテナンスが欠かせないと思います。

2.「剥がれた日は板が走らずソールは黒く汚れていた。」について

これは、気温の高い春先などのコンディションの悪い状態ではどうしようもないことです。しっかりベースワクシングをし、高フッ素のワクシングを施していても黒くなる時はります。ただし、汚れの付き具合は違うかも知れませんね。

3.応急処置でスプレーワックスをかければ改善するのか?

しないと思います。むしろ悪化するかも知れません。仮にスプレーワックスを施工をするとしても、ソールの汚れを除去することが重要です。汚れを除去するだけでも滑走性は復活するはずです。その後になら、スプレーやペーストワックスを塗れば、多少の改善はあると思います。ただ、数本滑れば剥がれてしまいますが…。

まとめ

全く同じコンディションでの比較はできないのでなんとも言えませんが、私は春のベシャ雪でも急激な滑走性の低下は感じたことはありません。滑りに行く前にだいたいの気温などは予測できますので、予測した気温、雪温度に適したベースワックスを入れ、コンディションが悪いことが予想される場合は必ず高フッ素のワックスを入れておけば、2日は持ちます。(しっかりベースワクシングができている前提で)3日は…経験したことが無いので分かりません。

やはり、快適な滑走性の維持には定期的なメンテナンスは欠かせません。あまりワクシングに時間が割けないなら、クリーニングに重点を置いたほうがいいと思います。クリーナーで拭くだけなので、ワクシングよりはハードルは低いので。

アマゾン広告

GALLIUM(ガリウム) スキー&スノーボード ホットワクシング Trial Waxing BOX JB0001

新品価格
¥8,904から
(2016/5/25 23:44時点)

スポンサーリンク


メニュートップ  ページトップ

Pocket