ブラシ

残ったワックスを取り除く-ブラシ

スクレーパーで削っただけではワックスはまだ綺麗には剥がせていません。スキーやスノーボードのソールには「ストラクチャー」と呼ばれる溝があります。スクレーパーだけでは、ストラクチャー内のワックスは取りきれません。

スポンサーリンク

理想の仕上げはソールからワックスを「完全に除去」することです。ソールに余計な残留物(ワックス)が残っていると、それは抵抗となり滑走性が落ちます。そこで、色々な「ブラシ」を使って磨き、ソールやストラクチャーに残ったワックスを取り除きます。

ブロンズブラシ

ブロンズブラシ

真鍮製の毛でできたブラシです。酷くケバ立っている(ソールが白くなる)や酸化膜の除去などに使用します。金属製なので毛が固く、ソールが削れそうなので使う場合はあまり力を入れず、軽くブラッシングしています。

ナイロンブラシ

ナイロンブラシ
ブラッシングで一番最初に使う、基本のブラシです。毛が太く、固い物が多いです。毛が太いので荒いストラクチャーに向くと言われます。毛が細く、柔らかい物もありますが、それは馬毛ブラシで間に合いますので固めを選びましょう。ブラッシングでは「中仕上げ」用です。

馬毛ブラシ

馬毛ブラシ

柔らかく毛の細い、仕上げ用のブラシです。静電気を除去する効果もあると言われています。これでナイロンブラシで取れないストラクチャーに残ったワックスを除去します。しっかりナイロンブラシをかけたつもりでも、馬毛ブラシを使いブラッシングすると細かいワックスのカスが出てきます。ブラッシングの「仕上げ」用です。

最初はナイロンブラシと馬毛ブラシだけで十分です。サイズも色々ありますが、お店で売られているのは画像のサイズ(7cm×13cm程度)の物がほとんどで、使い勝手もいいです。

あまり小さい物は効率が悪いですし、プロが使うような大きな物は効率はいいですが、価格も高いのであまりお勧めはできません。

ロータリーブラシ

ロータリーブラシ

電動ドリルに取りつけて使用するタイプのブラシです。これがあるとブラッシング作業が非常に楽になります。ここでは紹介し切れませんので、ロータリーブラシをご覧ください。

アマゾン広告

HOLMENKOL(ホルメンコール) ベース用ブラシ ナイロン スノーボードメンテナンス

新品価格
¥2,376から
(2016/10/1 08:49時点)


・ホルメンコールのナイロンブラシです。固めのブラシなのでブラッシング中仕上げに最適です。

HOLMENKOL〔ホルメンコール〕 RACING WAXING BRUSH(レーシングツール・ブラッシング ボトム) ベースブラシ 馬毛 24513

新品価格
¥2,268から
(2016/10/1 08:52時点)


・ホルメンコールの馬毛ブラシですブラッシング仕上げ用に最適です。私見ですが、ホルメンコールのブラシは品質がいい割には価格が安めだと思います。

スポンサーリンク


メニュートップ  ページトップ

Pocket